hazuki presents


最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索


RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10万円の健康飲料

義父は子供の頃に負ったやけどの傷がジュクジュクし始めたので病院に通っていた。
その間、帯状疱疹を患ったので入院もした。

だけども傷は一向に良くならず、ならばと違う病院に行った。
でもそこでは手に負えないからと、とても有名な地元に近い総合病院に行った。
なのにそこでも専門医がいないということで、別の病院を紹介された。

さらにその病院でも無理だと言われ、また別の病院か地元の総合病院に戻るという選択を与えられた。


病院を転々としたのは今月に入ってから。
やけどの治療のため通院し始めてからだいぶ経ちます。




最悪な事態になっていました。




やけどの傷はお尻にあり、その大きさはお尻をすっぽり覆うほどになっていました。
さらにそれは尾てい骨にまで侵食し、股関節のリンパはパンパンに腫れあがっている状態です。



どういうわけか痛くない。


というより、ちょっと痒い?


自覚症状がないため、こんなことにまでなってしまった。




お尻の皮膚がんから尾てい骨までがん細胞は移り
リンパ、胃、肺にまで転移が認められる。
余命は宣告されないものの、手術をしても体がもたないということで
やけどでジュクジュクしたところを放射線で治療するのみ。


体中ガンに侵されている当の本人は、見た目健康そのものだ。
医者に何を言われようが、そんな本人の姿を見て、誰も信じることが出来ない。


だけども周りも、私も、なにやら慌しくなり
みんなが一様に何かしなくては!と気ばっかりあせってしまう。




義父は妻をガンで亡くし、妻の闘病中から健康にはとても気をつけていた。
食事はもちろんのこと、最近では1本が10万円もする健康飲料を欠かさず飲んでいたらしいし、
健康器具みたいなものもローンで購入していた。


本人曰く、
「今回のガンもその健康飲料を飲んでいたからガンになってても進行を遅らせてたんだ。」


病は気からだ。
気持ちが後ろ向きになりながら余命を過ごすのは辛すぎる。


息子たちは10万円の健康飲料をよく思っていないわけだけど、
それはもちろん、私も疑ってはいるんだけど、
宗教を頼りに前向きに過ごす人達がいるように
健康飲料を頼りに前向きに過ごせたらいいじゃない!
と健康飲料を買うことを義父の好きにさせてあげようと息子たちと話した。


義父は、おとといは生きることにとても意欲的で
昨日はがっくりきてしまっていた。


そりゃぁそうだ。怖いに決まってる。本当は取り乱したいはずだ。





そんな状況の中で、とても冷静な私もいる。
義父と言っても所詮他人だからかなのか、自分の父だとしても同じなのかは
正直わからない。
だけど自分のこの冷ややかな感情に、怖さも感じる。


義父は72歳。
まだ初期のがんだったとして、手術して5年生存しても77歳。
いつ死んだっておかしくない年齢。

年寄りに辛い治療をしてリハビリして介護されたして・・・



元気で過ごせる時間があと僅かだとしても
期限がわかってしまったからこそ、大切に出来る時間があるんじゃないかと。


私はただただ「元気でいられる時間」を義父と共に大切に過ごそうと思う。

コメント

私の母方の祖父は最期ガンでした。
直接的な死の原因は、治療に体が耐えられなかったからでした。トテモ苦しく辛い治療だったそうで、母も祖母も治療はもういいから痛みだけを止めてくれと、医師に懇願したそうです。

そんな訳で・・・
治療方法は色々あるみたいですが、一番楽なのがいいのではと思います。


10万円ですか・・・ 原価は一万円もしないかも・・・
アガリ〇ク、メ〇バコブなど色々ありますが、実はシイタケで十分だったりしますからね(βグルカン摂取)

う~ん・・・ やっぱ十万は高いです。
ワリト有名な健康食品でも、一ヶ月3万~5万ぐらいですので・・・ 本人が信じきってるなら難しいですが、出来ることなら切り替える又は、併用で10万の頻度を減らす方が賢明です。それによって、義父から家族が恨まれる事になるかもしれませんが、その逆よりは良いかと。

お金ってそういうチカラ持ってますから・・・

でも、本人が良いなら良いのかな?それが楽に為るって事なのかな?よく分からんくなってきたけど・・・
少なくても私は、そんな風にお金を使う事を、どうにも割り切れないセコイ人間だということです。

らくろさん

10万円には引きますよねw
私もビックリしたけど、義父は金銭的には子供たちに一切迷惑をかけないどころか
かなりの資産を長男に残すため資産を運用したりして
ちゃんとにしてる人なので、義父のお金の使い方について、
子供たちがあれこれ言う筋合いではないと思ってるんです。

願うのはこのまま痛みなどなく最期には笑っていてくれたらと思います。

お年寄りになると進行も遅くなりますし、見た目とのギャップはあるでしょうね。
何をしてあげるかよりも、誰かが傍にいてあげることが重要ですね。

よしゆきロビンソンさん

誰かがそばにっていうのが1番難しいんですよね(;´∀`)
でもおっしゃるとおり、義父は誰かが見舞いに来るのだけを楽しみにしてるんですよね。

3連休のうち、2日行きましたが3日目も来て欲しかったような電話をもらってかわいそうになりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://more2pleasant.blog33.fc2.com/tb.php/223-00a54eb0

やさしいお母さんの栄養学

子供の体力や運動能力と食事はとても密

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。